医院情報
 
 
渡辺クリニック
内科・小児科 診療所

一般内科、呼吸器、循環器、消化器

アレルギー性疾患(アレルギー性鼻炎、気管支喘息、など)、膠原病、腎臓病 健診、予防接種
 
クリニック紹介
南小岩生まれの院長が、1989年に開業した当医院は、地域密着型のアットホームな内科・小児科医院をめざしています。

お近くにお住まいのお子様や、近くの保育園、幼稚園、小学校に通っていらっしゃるお子様が数多く来院されます。
朝早く、夜遅くまで診療してますので、働くご両親にもぴったりの医院です。
 
診療時間
■一般小児科/内科

診療日時:

 月 火 木 金 9:00-12:00 14:00-19:00

 水        8:00-13:00
 土        9:00-12:00 (第二土曜日休診)


 日・祝日 l休診
 
 

■乳幼児健診/  診療時間内随時


■インフルエンザ予防接種

  診療時間内随時

 
休診日
日・祝・第二土曜日
 
電話番号
03-3657-6284
 
メールアドレス
sitsumon@watanabeclinic-medic.jp
 
郵便番号
133-0056
 
所在地
東京都江戸川区南小岩5-20-15
 
地図
 
アクセス方法
JR総武線小岩駅南口より徒歩10分。フラワーロード沿い。

都営、京成バス小岩駅行き「小岩駅通り」バス停前
 
スタッフ紹介1人目
■院長:渡辺 静彦
■略歴:
1956年6月12日生まれ
昭和56年 日本大学医学部卒業 日大板橋病院第二内科入局

昭和60年 日本大学医学部大学院卒業 医学博士

平成元年 渡辺クリニック開設 父渡辺医院を継承

医局在籍中 
昭和57年11月~
昭和58年 4月  春日部市立病院内科勤務
昭和62年 1月~
昭和62年 6月  国立甲府病院内科勤務

日本内科学会認定医取得済み
日本腎臓学会指導医取得済み
日本アレルギー学会専門医取得済み
研究論文及び著書

膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)における低補体の再検討-C5値よりみて-
医学のあゆみ 130, 827-831

長期経過観察をし得た膜性増殖性糸球体腎炎3例の持続性低補体についての検討
日本内科学会雑誌 76, 106-111

膜性増殖性糸球体腎炎における低補体の再検討-C3bBb stabilizing factor の検出法及び C3NeF 陽性例について-
日本腎臓学会雑誌 27, 1345-1352

• アンギオテンシン変換酵素阻害剤と高カリウム血症
• メディカル・ライフ この薬のこの副作用 P164

 
スタッフ紹介
いつも笑顔のやさしいお姉さん。注射前のお子様も、当院スタッフが笑顔で接することで緊張感が和らぎます。
 
 
 

■ひとこと: テキパキと正確に仕事をこなす、できるお姉さん。お子様の病気が早くよくなるよう、今日も院内で頑張っています。
 
 
 
 
 
 
 
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。